So-net無料ブログ作成
検索選択

『ウは宇宙船のウ』 [マンガ、アニメ]

新聞だったかなぁ?

何かで、『うはうどんのう』という文字を見かけて、ふと思い出したのがこれ。

『ウは宇宙船のウ』という作品。

これは米国の作家、レイ・ブラッドベリ氏の作品だ。


私がブラッドベリ氏に親しみを持ったのは、萩尾望都先生が氏の作品を漫画化しているからだ。

ブラッドベリ傑作選として、『霧笛』 『みずうみ』 『ウは宇宙船のウ』 『ぼくの地下室へおいで』
『宇宙船乗組員』 『泣きさけぶ女の人』『びっくり箱』『集会』などだ。

不思議なもので、漫画化されているものは映画化されているものもある。

萩尾先生を通して、レイ・ブラッドベリ氏を知ったのだが、名前の響きから一変に興味を引かれたのを憶えている。
姉が文庫を持っていたので読んでみたのだが、まだ内容を深く読み解くには幼くて、なんだか良く解らなかった。
そこで、萩尾先生の作品を夢中になって読んだのです。

今読めば、違う解釈が出来ると思うので、もう一度読んでみたいものだ。


単行本は、既に文庫化されているんですよね。

ウは宇宙船のウ

ウは宇宙船のウ






原作は新版が出ているのですねぇ。

ウは宇宙船のウ【新版】

ウは宇宙船のウ【新版】

  • 作者: レイ・ブラッドベリ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2006/02/27
  • メディア: 文庫


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 4

コメント 4

チヨロギ

つばめさん、こんばんは!
大好きな作品を紹介してくださって感謝です!!
あまりにうれしくて、すごーく古い過去記事をTBしてしまいました。すみません。
この記事につばめさんからコメントいただいて、とてもうれしかったのです。
最近、萩尾先生は日本SF大賞も受賞されて、ますますご活躍ですね。
吾妻ひでおさんとの対談(「コミックリュウ」)というのも、ちょっと興味あるんですけど、買う勇気がありません^^;
by チヨロギ (2007-04-04 01:07) 

びっけ

ブラッドベリは大好きな作家です。
萩尾望都さんのマンガも、原作の雰囲気を壊さず、見事に仕上げていると感心しました。
ブラッドベリの代表作『火星年代記』は、もちろん秀逸で素晴らしいですが、私は短編集の『太陽の黄金の林檎』が大・大・大好きです!
今の季節なら『たんぽぽのお酒』なんかも、読んでみたいなぁ・・・。
えへっ、早速、本棚から引っ張り出してきちゃいました。
by びっけ (2007-04-04 14:21) 

萩尾望都さんは 私が初めて読んだ
SF漫画です。

11人いる!!

いまでも私の中の名作のひとつです♪
by (2007-04-11 10:40) 

うみのつばめ

nice!、コメントを寄せてくださった方々、ネットへなかなか来れず、お返事がすぐ書けなくて、すみませんでした。m(_ _)m



チヨロギさん、こんばんわ☆
そうでした。
丁度一年前、記事にしてくれていたんですよね。
あの時、また読みたいと思っていたのに、本屋さんではみつけられず、通販で買う余裕も無く、チヨロギさんの記事もそのまま忘れてしまっていました。
うどんで思い出すなんてねぇ。
子供の頃のことはおぼろげながら憶えているのに、最近のことはすぐ忘れてしまうの。トホホです。



びっけさん、こんばんわ☆
萩尾望都作品絡みの物は姉がほぼ揃えていたので、当時はブラッドベリの創元文庫作品も姉の本棚にありました。
今、実家に残っているかしら?
家に帰ったら、あ!実家のことね。
姉の本棚だった所を探してみようと思います。



らぶさん、こんばんわ☆
『11人いる!!』
あれ、良かったですよね。
宇宙大学に集う、それぞれの星からの学生達。
王さま大好きでした♪
『スターレッド』や『銀の三角』なんかも好きです。



noricさん、こんばんわ☆
nice!を、どうもありがとうございました。
by うみのつばめ (2007-04-15 21:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。