So-net無料ブログ作成
検索選択

『TVnavi 3月号』買っちゃった。 [ものつくりの人々]

だって、『組!』の山南さんこと堺雅人さんのエッセーがあるし、

『のだめ』のオーボエ奏者黒木君こと福士誠治くんのエッセーもあるし、

(あ、余談。福士くん、こんど舞台で『蝉しぐれ』の文四郎さま役を演るとか。観てみたいわ。)

クドカンちゃんの『吾輩』以降の連ドラ執筆情報も気になるし、

 

それに何と言っても気になるのが耕史くん。

耕史くんの対談相手にとても興味があるんです。

 

ってなわけで、

この雑誌なんだかんだと毎月読んでるんですけど・・・

 

 

今月は吾郎ちゃんが表紙。

月9の局長ではなかった。

順番だもの、いいよそれで。

今度のドラマ 『佐々木夫妻の仁義なき戦い』 面白いね。

格闘技オタクには格闘技つながりのネタに興味深いところがあるわよね。

お芝居的には、「エッ!?こんな面があったの?。」と、おすましさんとばかり思っていた新たな小雪さんの演技を引き出す、

おとぼけ?な感じの吾郎ちゃんがすごくいい。

吾郎ちゃん、一頃 「僕はインテリジェンスです。」

って、人より一歩高い所からモノを見ている感のイメージのある頃があったけど、

このドラマでは、チョットおもろげなマチベンを演っている。

ゲストでツヨポンが出たし、なんといっても土方耕史くんがいるじゃない。

ここへ、慎吾局長がいたらなぁ、な~んてね。

吾郎ちゃんも『笑いの大学』出演者。

これを思えば、なにげに三谷ファミリーだ。

三谷ファンはちょびっと嬉しいかもね。えへっ

 

 

そんなことはいいの。

って、いつも前振りが長いね私。

 

それより、ナビのはなし。

今月ワクワクしたのは、やっぱり耕史くんの対談のお相手。

 

 

元マンガ・アニメファンのオタク娘(腐女子じゃないよ。やおいはお断り。嫌いだもん。)としては、

これがワクワクしない筈が無い!!

 

 

さて、今月の 『山本耕史の ちょっと休憩しませんか!』 のゲストは、マコさんこと野沢雅子さん。

誌上対談とか、トーク番組、バラエティなど、耕史くんが常々言葉に出す、『ドラゴンボール』の主演者です。

マコさんといったら、テレビ白黒時代から この世界に携わってきた方。

私にとって、アニメに憧れた少女時代、既に第一線で活躍されていた

小原乃梨子さん、杉山加寿子さんなどと同じく、とても高い場所に居られる方々。

 

耕史くん自身もナレーション等、声の仕事にも多く関わっています。

だもの耕史くんにとっては、神様みたいな人だと思います。

毎朝、悟空の声で吹き込んでくれたマコさんの声で目覚めるのだとか。

 

『ドラゴンボール』話に花が咲き、耕史くん、とっても楽しそう。

誌面上、活字を読むことしかできないけれど、

マコさんが一人で悟空、悟飯、悟天ちゃん、三人の会話を実演したらしい。

声が聴こえないのが残念デス。

お返しに、手先の器用な耕史くんらしく、悟空、べジータのイラストと、ご自分のサイン(サインはマコさんからの要求)を描いてお渡ししたそうな。

 

詳しい内容は買って読んでね。

 

ちなみに、土方を演るにあたって、基はべジータなんですって。

あっ、これ、以前にもどこかで読んだ(聞いた)ことありますけど・・・

マコさん、ご本人に伝えたのは初めてかしら?

 

最後に、悟空なりきり声でマコさんから励ましを受けた耕史くん、

大感激したでしょうことは、言うまでもありますまい。

 

まるっきり少年に返ってしまっている耕史くんが可愛らしかったナビ(一月下旬~二月)3月号でした。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。