So-net無料ブログ作成

ショーコちゃんのお話。 [テレビ]

ひみつの嵐ちゃん、今夜のゲストは元宝塚67期のショーコちゃん(黒木瞳さん)でした。

今夜は、久しぶりに宝塚時代の話を聞きました。

こけしちゃん(花愛望都さん)の、1期下なので懐かしいです。

さて、これは宝塚最下級の予科生の頃の話でしょうね。

どこに上級生が乗っているかわからないので、阪急電車の一両ごとにお辞儀をする話。

(鉄道情報によると、車掌、運転士にもおじぎをするとのこと。)

それから、おそうじ。

すぐにホコリが取れるよう、スカートの内側にガムテープを貼り付けていたこと。

「そのほうが早いんですもの。」って。

ここからは、音楽学校を卒業し入団後のことでしょう。

現役の頃はお稽古が忙しく、お料理など結婚するまでしなかったこと。

カレーを作ったけれど、芝居中たまねぎ臭い手の匂いで、「たまねぎくさっ。」っと、一瞬素になり演技中に自分になって現実が出てしまったこと。

「これではいけない。」「芝居の邪魔。お料理なんかしてはダメ!」そう思い込んでしまったこと。

それ以来、一切お料理はしなくなったとか。

退団後、6ヶ月仕事がなく、ニート状態だったこと。

ダンスのレッスンと映画を観ることだけは欠かさなかったこと。

収入がないので食べ物は、毎日ゆでたパスタのみを炒めて食べ続けていたこと。

他に、宝塚以外のことでは、娘は翔くんファンだということ。

娘が翔くんのお嫁さんになりたがっていること。

娘が家でテレビやDVDなどいつも見ているので、新幹線の車中で偶然ばったり会った時に面識もないのに、よく知っているみたいに「櫻井くん!」と親しげに声を掛けてしまったこと。などを語っていました。

娘の話から、食べ物の好き嫌いのない育児の話になりました。

こどもが「いらない。」というと、

「いらないなら、じゃあお母さんがいただくわ。うわぁ~おいしぃ~」と、

小芝居を根気よく繰り返し、繰り返し毎回続けると、

「おいしいなら食べようかな。」という気になるらしく、芝居を重ねて育児をしたそうです。

食べ物の話から、『朝焼きそば好き!』という話になり、嵐諸君らから、オリジナルの焼きそばを作ってもらい、お返しに、ホットケーキの粉で、お好み焼きを作っていました。

ショーコちゃんも、お仕事しながら、主婦をちゃんとやっているんですね。

音楽学校でショーコちゃんの予科生時代、こけしちゃんは本科生。

もしかして、ショーコちゃんを指導したのは、こけしちゃん?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。